読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lumière noire. もうひとりの、tomo。

心の水面に浮かんだ言の葉を、ただありのままに。静謐な時間。LumièreとNoireの混じり合う瞬間を、そっと掬い上げる。

言葉の無力さ。その暴力性と繊細さ。

f:id:tomoecru:20160827212428j:plain

言葉って、難しい。

 

言葉を並べれば、並べるほど。

言いたいことから、もっともっと、かけ離れて行く気がする。

 

どんなに言葉を尽くしても、伝えられない気持ちがある。

どんなに言葉を駆使しても、越えられない壁がある。

 

言葉よりも、

風が運んだ一筋のメロディだったり、

誰かの肌のぬくもりだったりが、

もっとずっと、心に沁みることがある。

 

その無力さ故の、言いようのない暴力性が

時に人を、深く傷つける。

 

自分の放った言葉が、相手の心を切り刻み、

そのままブーメランのように自分に戻ってきて、

自分の心も深く、えぐっていく。

 

言葉というものは。

無力で。暴力的で。

…でも、驚くくらいに儚く繊細で。

 

発したそばから、消えていく。

 

それなのに。

つい、私たちは言葉に頼ってしまう。

言葉の力を、信じたい気持ちが、まだ残っている。

 

tomo